転職活動におけるポイントとは

看護師の資格を持っている人が転職活動をする際、他の職種に比べて求人が多い傾向にある。選択肢があるからこそ、自分にとって働きやすい職場を選ぶことが重要だろう。

希望に合う職場を探すためにも、事前にポイントを押さえておくのが賢明だと言えるだろう。まず、転職したい時期が決まっている場合は3ヶ月程前から転職活動を始めることをお勧めする。2週間ほどで内定が出る職場もあるが、応募から内定まで2ヶ月以上かかる場合もあるからだ。
焦って失敗しないためにも、事前にリサーチしておき、時間にゆとりを持って活動すると良いだろう。

また、いくつかの転職先候補を挙げておき、同時に転職活動を進めることも可能だが、気をつけておかないといけないこともある。例えば、第1希望以外の職場で内定が先に出て、「誓約書」を求められるなど不測の事態になることがあるからだ。

求人情報を絞るためには、働く上で外せない条件を明確にすることが大切だ。優先順位をつけることで、迷う時間を省くことが出来るだろう。
求人をチェックし、気になる点があれば面接などの場でしっかり確認することも大切なことの一つだ。後々の後悔やトラブルを防ぐことが出来るので、しっかりと確認すべきだ。

出来れば面接の前に見学させてもらい、実際の現場を目で見て知っておくことも大切だ。その際、スタッフや患者への挨拶などの配慮を忘れないでおきたい。
気になるところは積極的に質問することで、その職場をよく知ることが出来る。加えて、積極的な姿勢は面接でも評価されるだろう。
それまでの自分のキャリアやライフスタイルと照らし合わせながら、その職場で働くことが最適かどうか見極めることも転職活動を成功させるポイントと言えるだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です